気を付けておくこと|テレクラで楽しむ、全く新しいアダルトな世界

テレクラで楽しむ、全く新しいアダルトな世界

白いスマホ

気を付けておくこと

ソファに座っている女性

電話で直接口説けるというのは、まどろっこしくもなく効率が良いと言えます。出会い系ではメールなどでやり取りをするため、いつ読んでくれるのか分からないし、返信も待ってられません。
テレクラのような口説き方なら、直接会話が出来ているので、情熱やリアルな駆け引きなどから、その成功率は自ずと上がってきます。
とはいえ、その会話が致命的な失敗となり、出会いを見逃す…という事態も少なからずあったりもします。

さて、そんな会話の失敗は避けたいですよね。そのためにはどうすれば良いのでしょうか?
まず知っておきたいNG会話というものをご紹介しましょう。
「いきなり相手の年齢を聞いていないか?」これは女性にとってたいへん失礼な話です。いきなりこんなことを聞かれては、気持ちも醒めてしまうというもの。
「会おうよを連発していないか」お互いに下心のもとテレクラをしているとはいえ、いきなりこんな攻め方では相手もひるんでしまいます。怖いと思われてしまったら、会おうとは思えませんし、覆すのも大変ですよ。
「偉そうに話していないか」テレクラを利用しているのだから、やりたいんだろ?というような見下した接し方も厳禁です。敵意を持たせてしまえば会えるわけがありません。それはお前もだろと思われて終了です。気を付けましょう。
「いきなり自分の携帯を教える」テレクラではお金もかかるし、時間もあるので手っ取り早く自分の携帯番号を教えるというのも、相手にしたら迫られ過ぎとなります。安心感を与える距離の詰め方をしましょうね。

注意点に気を付けて、一番良いのは相手の話8の自分の話2というのが理想と言えるでしょう。女性は話を聞いて欲しいもの。聞き上手になることがミソですよ。
もちろん出会ってからも、姿勢は変えてはいけません。